水道トラブルで多いのはどれ、評判の良い業者とは

水道トラブルで多いのはどれ、評判の良い業者とは 水道 修理関係のお悩みで最も多いのは排水口のつまりや、水漏れです。その他水が出ない、水が止まらない、凍結した、子どもがいたずらしたなど多種多様なトラブルをたまに耳にしますが、一般の人たちはどうやって解決しているのでしょうか。今回は水道修理について業者に依頼する事について紹介します。



■凍結対策は寒い地域の知恵を拝借

寒さが厳しい地域では凍結防止対策が常識になっているので、凍結で深刻な状況になることは少なく、大半は個人で何らかの対策をとっています。それでも水道管破裂にまでいくと自力では対応が難しくなります。通常は凍結防止対策が不要な地域でも地球温暖化の影響で、めったに降らない雪が降ってきたり、例年にないマイナス気温になったりなど実際起きていますので、寒い地域に住む人たちの知恵が役に立ちます。
もし水道が凍結してしまった場合は、蛇口の上にタオルを巻いてからぬるま湯を何度もかけることで解決することが多いですが、破裂してしまっている場合は評判の良い専門業者に相談して、修理してもらうしかありません。連絡してすぐにかけつけてくれる業者がおすすめです。寒い冬はどこの家でも凍結しやすい事もあって修理が順番待ちになってしまうこともあります。一カ所が凍結すると他の箇所にも広がって行きやすいゆえに、一カ所だけでも凍結は見逃せません。

■排水管の詰まりは自己防衛が大切
排水管の仕組みや詰まりの原因について基本的な知識を持っていれば、突然のトラブルに見舞われた場合も適切な対処ができます。自力で直せるならこれにこした事はありません。修理するにもお金がかかります。こまめに排水溝の掃除をする、トイレに一度に大量の紙を捨てないなどの心配りがあれば、排水溝の詰まりの問題は解決するはずです。人間が吐く汚物の中には油っぽいものも大量に含まれています。この油が排水管内の壁にこってりと膜を作ってゆきながら詰まりを増やしてしまうのです。
トイレや排水溝などの流れが悪い場合、何か異物が詰まっている可能性があります。目視で異物が確認できる場合はそれを取り除くことでおおむね解決します。また、市販の排水口クリーナーなどを流し込むことで汚れや詰まりの原因を溶かすことでも応急処置として簡単にできます。しかし携帯電話やボールペンなど、薬剤で溶かすことのできないものを誤って落としてしまって取り除けない場合、速やかに業者へ連絡をすべきです。

■業者に頼む時の注意点

簡単な水道トラブルなら自分で対処できる場合もあります。しかし給湯器や排水管を取り外す必要がある場合などは、プロでないと無理なので、問題が大きくなる前に連絡をした方が無難です。大手の修理業者ならフリーダイヤルでつながる事が多いので、日時指定は必要になる事が多いものの比較的早く来てもらいやすいです。業者の中には24時間365日対応も多いので、突然の水道トラブルに気づいて早急に対応しないと大変という時は頼りになる存在です。
従来であれば日曜祭日もしくは深夜に連絡してもつながらない会社が多かったはずです。口コミ評判もなかなか良いなら、万が一の時は連絡してみても良いのではないでしょうか。トラブルを自分で直す事に関してはあくまでも応急対策なので、重要なところはやはりプロに相談した方が安心です。連絡するタイミングも重要です。

■まとめ
小さい子どももしくはペットがいる家庭では、ちょっと目を離したすきに子どもがトイレットペーパーをトイレに大量に流してしまったために、排水管が詰まってしまったといったトラブルもあります。ちょっとした簡単のトラブルは自分で対応できますが、それでも解決せず水道の専門会社に連絡して来てもらったなどのケースもあります。そう考えると水トラブル業者は想像しているよりも身近な存在だという事になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース