水道の凍結防止対策は評判の良い業者に相談

北海道、東北、長野や新潟を含む甲信越地方はところによって豪雪地帯です。雪が降らなくても最低気温が10℃以下になるエリアが広がっています。このように冬場は凍結の恐れがあるため、評判の良い業者に相談し、屋外の水道が万全の状態でおかなければなりません。

■極寒地域での凍結防止対策

極寒地域では冬の間に水道が凍結しないための工夫は、必須条件です。そこで必要になるのが不凍水栓です。不凍水栓は凍結しないための対策がとられている水栓の事で、簡単に凍結対策ができると評判です。木製もしくは塩化ビニール製の不凍水栓柱になっているものもあります。昨今はアンティーク調の不凍水栓柱も目立つようになりました。土中は地上よりも暖かいので配水管が土中深めに埋められています。このような水道工事が必要な場合は業者に相談してみることをお勧めします。

■比較的暖かいエリアでの水道凍結防止対策

めったに雪が降らず比較的暖かいエリアで凍結防止対策をとるのであれば、断熱テープの代わりに不要になった古い毛布や分厚いタオルでむき出しになった水道管を包みしっかりと固定するという方法が可能です。要は冷たい空気に水道管をふれさせなければいいのです。
ちなみに厳寒地方でも給湯器が使われていますし、特に冬期はお湯を大量に使います。凍結防止対策として給湯器専用の小屋に収納されています。雪をかぶらない工夫と冷たい空気が直接給湯器にふれない配慮がされています。

■まとめ
寒冷地はもちろん、雪が降らないような地域でも夜間の気温がマイナスまで冷え込むことがあります。このような場合、屋外の水道は簡単に凍結してしまうおそれがあるため、どのような地域においても凍結対策は必須です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ